RSS2.0   atom
子供のための食育TOP >  妊娠中の飲酒が及ぼす胎児への影響とは
 

妊娠中のアルコールについて






妊娠中の飲酒妊娠中というのはタバコはもちろん禁物ですが、アルコールに関しては大量に摂取しなければ大丈夫だという思い込みはありませんか?

妊娠中に少量しかアルコールを摂取していなくても、胎児に障害を招くことがあるようです。

妊娠中に摂取したアルコールの影響で赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などが現れる胎児性アルコール症候群がそれで、今までは大量飲酒によって起こるものだと思われていました。

しかし、少量のアルコールでもこの障害が発生したという
報告が最近あったようです。

妊娠中には食育を意識して栄養バランスのよい食事を
心がけている妊婦さんは多いようですが、アルコールを少量でも
飲んでいるとその努力も報われないものになるかもしれません。

デリケートな胎児の脳がアルコールによって小さくなったり、
脳梁が萎縮したりするこの胎児性アルコール症候群。

確率的にはかなり低いものですが、100%予防するには
妊娠中のアルコールを断つ以外ありません。

問題なく出産するためにも妊娠中の飲酒は控えるべきでしょう。