RSS2.0   atom
子供のための食育TOP >  授乳中の食育
 

授乳中の食育

服部幸應先生の食育インストラクター通信講座 >>
NPO日本食育インストラクター プライマリーの資格が取得しよう!



子供と食育赤ちゃんが生まれると、妊娠していた頃が懐かしくなるほど、赤ちゃんに振り回される生活へと一変してしまいます。

夜中に何度も泣く赤ちゃんの授乳やおむつ変えをして、寝不足のまま毎日が過ぎ、食生活も乱れがちに・・。

授乳しているととにかくお腹が空くから、お菓子でも何でもついすぐに口に入れられるものを食べてしまいますが、
母乳を通して食べたものは全部赤ちゃんの体に入っています。

そして、お母さんが食べたもので母乳の味も微妙に変わるんです。

赤ちゃんの味覚形成には、お母さんが口にする食品の影響が色濃く出ます。


だから、できるだけ良い母乳を赤ちゃんに与えられるよう、
お母さんは食生活に気をつけなければいけません。

赤ちゃんが母乳を通じて危険なものを体に取り入れないように、
できるだけ無農薬・無添加の食品を摂るよう心がけましょう。

授乳中の食育がその先の幼児期での食生活にも
影響してきますから、赤ちゃんの味覚を育むために豊富な
種類の食材をバランスよく食べる意識も必要です。