RSS2.0   atom
子供のための食育TOP >  授乳中のダイエット
 

授乳中のダイエットは危険

服部幸應先生の食育インストラクター通信講座 >>
NPO日本食育インストラクター プライマリーの資格が取得しよう!

aka09.jpg赤ちゃんを産んだ後、気になってくるのが体型ですね。

まだ妊娠しているみたいにお腹がぽっこり出ていたりすると、確かに気になってしまいます。

でも、母乳をあげている場合は赤ちゃんにお母さんの栄養がほとんどいってしまうので、食べても食べてもお腹が空くし太らないはずです。


だからダイエットのために食事制限をすると、母乳が出なくなったり母乳の栄養が不足して、赤ちゃんにもお母さんにもいいことはありません。

だから、最低でも赤ちゃんが2ヶ月になるまでは食事制限は
控えるようにしましょう。

カロリー制限も1日に1500キロカロリーを割らないように
気をつける必要があります。

母乳は赤ちゃんにとっての食育です。そして食育は生きていくための
基本となるもので、健康維持や免疫向上には欠かせないもの。

授乳中の食事制限によるダイエットは、母と子の死活問題に
なることだってあります。

後々赤ちゃんが健やかに育つためにも、お母さんが栄養不足に
ならないためにも、授乳期間はダイエットよりバランスのある食事を
摂ることが何より大切です。