RSS2.0   atom
子供のための食育TOP >  ファーストフードの恐怖
 

ファーストフードを1日3食1ヶ月間食べ続けると・・・

服部幸應先生の食育インストラクター通信講座 >>
NPO日本食育インストラクター プライマリーの資格が取得しよう!

食育基本法が制定され、食育推進の取り組みや活動が
年々活発になっていますね。

確かに、朝・昼・夜と1日3回食べるご飯というのは、
人の身体だけでなく心にも影響するものです。
だからこそ、食の意識を高める食育は大切です。

すぐにキレる子どもたちと食の関係も、以前から問題になっています。

しかし、子どもたちというのはファーストフード店の
ハンバーガーやポテトが大好き。休日のお昼になるとハンバーガーを
食べる家族連れでファーストフード店はいつも満員というのが現状でしょう。

ファーストフードと、その危険性は何となく分かっているのだけれど・・・
手軽だからついつい食べてしまうという人が多いですよね。

そのファーストフードに警鐘を鳴らしたのが
「スーパーサイズ・ミー」というアメリカ映画です。

この映画ではファーストフードを1日3食1ヶ月間食べ続けると
どうなるかを監督自らが実験し、ファーストフードがもたらす健康被害を
実証しています。

ファーストフードが健康に悪いことは誰もが分かっているものの、
実証されるとかなり恐怖を覚えます。
この映画を観て改めて食を見直してみるのもいいかもしれません。