RSS2.0   atom
子供のための食育TOP >  朝食の役割は?
 

朝食は生活のリズムを作るのに欠かせないもの

服部幸應先生の食育インストラクター通信講座 >>
NPO日本食育インストラクター プライマリーの資格が取得しよう!



食育と朝食最近は大人でも子どもでも朝食を抜く人が増えていますね。

ギリギリまで眠りたいとか、夕食が遅くて朝は食べられないとか、
理由は人によって色々。

でも朝食は生活のリズムを作るのに欠かせないものです。


朝食を摂ることで寝ていた時に下がっていた体温が上がり、
体や脳を活性化させてくれるんです。
それに、1日の始まりになる朝にエネルギーを入れないでいると、
疲れやすくヤル気もなくなってしまいます。

脳にもエネルギーが送られないから、勉強や仕事だって
効率よくできないし集中力も欠けてしまうことに。

朝食には他に消化器官を活発にして排便を促す働きもあり、
朝食を抜けばそれら全ての働きがなくなるため、
体や脳にプラスになることは何もありません。

食育を考えるなら、まずは朝食をちゃんと摂り、
生活リズムをつけることから始めてみましょう。

子どもの生活リズムを作るのは親です。
親が朝食も食べず不規則な生活をしていては、
子どもにも悪影響を及ぼします。
親子で一緒に朝食を食べる、これも簡単で大事な食育です。